1. TOP
  2. 第10回「信長協奏曲」

第10回「信長協奏曲」

2016/02/06 大人の為のマンガ書評
この記事は約 4 分で読めます。
信長協奏曲表紙


大人の為の漫画書評 第10回 今回とりあげるのは、「信長協奏曲」(信長コンツェルト)

評価:

総合・・・・・・・4★★★★ 結構楽しめる

ストーリー・・・・3★★★ 飄々とした信長は良いがサプライズは少ない

絵・・・・・・・・3★★★ キャラは立っているが、上手とは言えない。

キャラクター・・・5★★★★★ 信長、秀吉のキャラが魅力的

世界観・・・・・・4★★★★ ちょっと突拍子もなく感じる処がある。

作者 石井あゆみ 

出版社 小学館 

掲載誌 。『ゲッサン(月刊少年サンデー)』(小学館)にて連載中。

13巻刊行(2016年1月現在 継続中)

アニメ有り、実写版映画あり

あらすじ:勉強が苦手な高校生のサブローが戦国時代、天文18年(1549年)にタイムスリップしてしまい、信長として生きていくストーリー。

塀から落ちたらタイムスリップ
勉強が苦手な高校生のサブローが、塀の上から反対側へ落ちると、そのままタイムスリップしてしまう。 そこで出会ったのは、織田信長本人であり、顔や背丈が双子の様にそっくりであった。病弱であった戦国時代の織田信長は、顔がほぼ同じサブローに自分の代わりに織田信長として生きてほしいと頼み、そのままサブローは織田信長として生きていく羽目になる。

 

歴史にうとくマイペースな信長

サブローはあまり歴史のことを理解していないため、自然体で生活しているがしかしながら、偶然にも自身の振る舞いが史実通りになっていく。一応歴史を変えてはいけないという認識をサブローは持っており、日本史の教科書を参考にするなどして、織田信長として天下を取らないといけないと思っているが、一部破れていたり、後に焼失したりで、本能寺の変を起こしたのは、「あいださんだ」と勘違いするなど、基本、間が抜けている。

 

異色キャラの脇役陣

なり替わる前の病弱な本物の織田信長は、後に明智光秀となって、信長の部下として登場する。また同じように平成からのタイムスリッパ―として、齋藤道三、松永秀久なども現れ、それぞれが自らの末路をもって、タイムスリップをどのように受け入れたかの違いをサブローに見せつけていく。そんな中でサブローはほぼ史実通りに、織田信長らしく天下武布を進めていく。

 

(Wiki https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BF%A1%E9%95%B7%E5%8D%94%E5%A5%8F%E6%9B%B2 より一部抜粋 加筆)

 

書評:ウルトラマイペースなサブローと、それに振り回される歴史上の人物の振る舞いが楽しめる。裏に少しだけ見えるタイムスリッパ―の悲哀が話に奥行を与えている。

 

マイペースすぎる主人公

塀から落ちただけで、いきなりタイムスリップするサブローは、すこし突拍子もない導入だが、その後も織田信長というポジションに順応していく主人公のおそるべきマイペースさとサブローが周りを振り回す様は、かなり楽しめる。

 

上げキャラと落ちキャラのギャップもすごい 
脇を固めるキャラクターも、魅力的だ。忍びあがりで、徹底的に計算高く腹黒い秀吉がうまく描写されており、その秀吉がさらに、桶狭間の合戦の際は、あっさり信長に出し抜かれたりするのは中々見ていても楽しい。

一方で、幼少時はいけすかない子供である家康は、かなりひどく信長に振り回されたり、平成から持参したエロ本を家宝にしたりと下げられまくっている。他にも強烈なブラコンのお市の方や、熱血のの森蘭丸など中々楽しめる

 

 タイムスリッパ―の悲哀へ

齋藤道三、松永秀久など、サブローの他にも表れる平成からのタイムスリッパ―達。 平成へ残してきた家族への手紙をサブローに預ける齋藤道三ほか、それぞれの生き様が話に奥行を与え、戦国時代の権謀術数のさらにその裏のストーリとして展開していくところは、読み応えがある。さて本能寺の変でどうなっていくのか・・・・・・

 

(購入を希望される方は画像をクリック)

\ SNSでシェアしよう! /

大人の回遊領域~しったかぶり.comの注目記事を受け取ろう

信長協奏曲表紙

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

大人の回遊領域~しったかぶり.comの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介

朝次

この人が書いた記事

  • NO IMAGE

    フェイクニュースの作り方

  • 公明党

    公明党はしたたか!

  • 大人の組織

    自民党はオトナの組織!

  • 組織の価値

    組織の価値は?

関連記事

  • 3月のライオン

    第11回「3月のライオン」

  • 狼

    第7回「狼と香辛料」 

  • 神のみぞ知るセカイ

    神のみぞ知るセカイ

  • 甘々

     第9回 「甘々と稲妻」

  • NO IMAGE

    砂ぼうず

  • ホリミヤ

    第8回「ホリミヤ」