1. TOP
  2. 意見や文句を言えるのはこういう大義名分があるからだ!(No1-5)

意見や文句を言えるのはこういう大義名分があるからだ!(No1-5)

2016/10/31 今更聞けない社会の仕組
この記事は約 6 分で読めます。


なぜ、俺らは政治に対して文句や意見が言えるのか?

 

文句や意見をいう大義名分はこれだ!

 

さて社会システムを変えるには、法律を変えるのと予算を取るのかをする必要がある。

そのためには政治家になるか政治家を動かすか、要望を聞いてくれる政治家を選ぶ必要があると前回書きました。

 

当たり前だけど、政治家も役人も人の子だから、なんか不満や文句があれば言葉にして伝えないと、何もわかってくれない。

で、どこの社会でも、文句や意見をいう際は、迫力がない中々伝わらないし、説得力も無くなるよね。

あなたの意見がわがままな意見だと言われると賛同者も減るし、政治家も動いてくれない。

だから昔から、堂々と俺らの意見には社会的な正義があると言えないと決して広がらない。

つまり大義名分(錦の御旗)ってやつだね

 

だから

俺らは文句が言えるのかという理由を分かっておく必要があるんだ。

ちなみにこれは国によって違う。政治家は政治システムに文句を言えない国はいっぱいある。

ニュースをみていると情報が流れてくるが、最高指導者に意見をすると北朝鮮では銃殺されるらいし、中国では指導者に意見する内容を公表すると、公安警察にどこかにつれていかれ、教育指導されるらしい。ちなみにどれもその国の法律に基づいています。

では、その差はどこから来るのか?という事だよね。

 

ずばりその違いは、「単に意見が言えるシステムを選択しただけ」

多くの人が日本は「民主主義」だからと答えるかと思うんだ。 ちなみにこの「民主主義」という言葉、誤訳だという事で政治学者の中には使わない人もいる様で、あんまり正確じゃない。ちなみに「~~主義」というと、そこに主張や思想が入るんだよね。 でも民主主義というのは単に政治的な意思決定システムの名称なんだよね。

 

英語で書くと「デモクラシー」

となるんだけど、ずばり「デモクラシー」の意味は、「大衆が支配する政治体制」という意味なんだ。

つまり俺らの先人の日本人(ここ150年くらいの人たち)は、単にこのシステムを選んできたというだけ。

1925年(第2次大戦よりもずっと前だよ)に普通選挙(25歳以上の男子なら投票可能)が行われてるんだけど、実はこれ世界でも6番目と言われている。世界的にもかなり早い。

つまりこういう政治システムを選んで、自分達の政治システムとして取り入れてきて運用しているから文句が言える。

ご先祖様たちに感謝ですな。 だからこれは、憲法ってこの国の約束事や法律の大元である憲法って奴にも明記してあります。 「国民主権」ってね。

 

「他のシステムとの比較」

ちなみに比較をすると分かりやすいんだけど、

例えば、独裁政治はオートクラシーといいます。 官僚政治(明治政府はこれに分類されるといわれています)はビューロクラシー。卑弥呼や古代エジプトの様な神官が行う政治をセオクラシー、お金が全ての体制をティモクラシーといいます。「〇〇〇ラシー」というのが政治の体制を指している言葉なんだ。

 

一方で、共産主義とか保守主義はとかって「主義」という言葉は、別の枠組み(カテゴリー)。思想とか主張の方を本来さしているんだよね

つまり「主義」と着くのでややこしいんだけど、「民主主義(デモクラシー)」のシステムの上で、共産主義政党や、保守主義政党が存在する事ができるというシステムという事なんだ。

※だから北朝鮮や中国が訳のわからない「民主主義」を名乗るのは、この日本語の誤訳である「民主主義」という漢字を輸入しているからです。英語でやっていれば、こういう誤訳は起こらない。本家である日本人も誤解するくらいですからね。

 

というわけで体制の選択なので、実はそこに良い悪いという価値判断は無いんですよ。ちなみにヒトラーはちゃんと民主主義の手続きの中から出てきてます。力で国を乗っ取った(クーデターといいますが)をした訳ではないでのです。

 

だからヒトラーのライバルだったイギリスの首相、チャーチルはこういう名言を残しています。

「民主主義は最悪の政治システムだ。これまで試みられてきた民主主義以外の全ての政治体制を除けば」と言っています。つまり手放しで良いといえるものではないけど、一番マシという程度という見方だね。

だから人任せにしておくと、結構危ない物だという事はちゃんと認識してほしい。政治ってのは残念ながらそういう物なんだな。なお、今のところ、結構人任せにしてた結果、まあ大赤字にはなってるよね・・・・・

 

「大衆(みんな)が選ぶのはいい奴(事)ばかりではない」

ちなみに「大衆(みんな)」が選んだという事は、当然、選んだ奴の責任をという話がでてくるんだよね。

だからドイツでは、ヒトラーが出た事に対して、全国民を挙げて真摯に謝罪や追悼をずっとやっている。前にも書きましたがヒトラーは民主主義のシステムの中から選ばれて、ドイツ国民に選挙で選ばれて、権力者になりましたからね。 日本の場合は、第2次大戦時は、普通選挙がまだあまり機能していなかった事や軍部の暴走によって政党政治がおかしくなっていた事もあって、あまり国民全体の責任を問う声は小さいけど、でもこれから先の未来は違う。(日本の昔の悪事は独走した軍部のせいになっている所が多い、その場合は国民(皆)は被害者というスタンスも取れる)

 

実際、日本のマスコミはあまり言わないけど、変な政治家がでてきておかしな事をした場合、

「誰がえらんだんや?」って思わないかな?

俺なぞ、昔から思ってるけどね~。「このバカ選んだのはどのこ地方のどいつらだって?」

 

これからは選んだ責任もついて回る。

ついでにいうと、皆で選んだ政府が変な事をやったとしても、みんなが選んだ政府なので、みんなにも責任が発生するというのが世界的な考えです。(当たり前だよね)。まあその考え通りにやる必要があるのかは議論がありますが、国防が分かりやすいですが、みんなが選んだ政府が永世中立国を宣言しているので、スイスは今でも国民皆兵ですし、ドイツにも選択性ですが徴兵の義務がありますよね。

ちなみに世界には、皆が選んだのではない政府ってのもある。王政や貴族性の政治体制がそうで、そういった国では、国防などは、貴族の仕事となるので、国民に義務はない、そのかわり政治にもかかわれないという事になるわけです。(逆はよくありましたけどね,政治にはかかわれないけど懲役や徴兵があるという国はあるんですけどね。 権力は強いものの味方なので)

江戸時代の日本でも、戊辰戦争の時などは、長州藩等を除けば、戦うのはサムライで庶民は基本的に参加してません。

 

まあそういった次第で、今は3つの義務とその対価としての、政治システムへの参加。これは過去の日本人が選択してきた結果としてのシステムです。すくなくとも今のままが良いという人は、自分で監視をきちんとしないと、変なシステムに変えられてしまうかもしれない。

だって

あなたに変えられる可能性があるものは、他の人にも変えられます。

それが現在、権力を持っている政府ならなおさら簡単にです。

 

さて結論

これでも政治なんかどうても良いって放っておきます?

放っておくと今の形の維持だけでもできないかもしれません。

 

 

\ SNSでシェアしよう! /

大人の回遊領域~しったかぶり.comの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

大人の回遊領域~しったかぶり.comの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介

朝次

この人が書いた記事

  • NO IMAGE

    意見や文句を言えるのはこういう大義名分があるからだ!(No1-5)

  • NO IMAGE

    じゃあ政治ってなんだ? (No1-4)

  • NO IMAGE

    じゃあルールを俺らに強制しているものはなんだ?(No1-3)

  • NO IMAGE

    黙っていると損をするんだよね~!本当にそれでいい?(No1-2)

関連記事

  • no escape

    絶対逃げられないんだよね~!(No1-1)

  • NO IMAGE

    じゃあ政治ってなんだ? (No1-4)

  • NO IMAGE

    黙っていると損をするんだよね~!本当にそれでいい?(No1-2)

  • NO IMAGE

    じゃあルールを俺らに強制しているものはなんだ?(No1-3)